指導方針

 塾生との対話により、適性を発掘し、得意なところを伸ばす指導を行います。また、苦手教科は、なぜ苦手に思うのかを解明し解消します。

(1)基本方針

 主要5教科を受け持ちます。その中でも、小・中学生の場合は、指導の基本を次の2点に置きます。ただし、数学・算数、あるいは国語の勉強の指導を必要としない場合は、その他の受け持つ指導教科において、同様の効果を持たせる工夫をします。

 なお、高校生、特に大学受験生の場合は、数学及び英語の学習に割く時間が多大にならざるを得ないことから、特に希望がない場合は、数学・英語の指導を主な柱とし、国語については既に基礎は確りとしたものが出来ているとし、学習方法と参考書などの助言にとどめます。

■ 国語の教科書と参考書の範囲で、 単語・熟語の意味と読みの徹底と、長文問題の解析及び要約文や小論文の演習により、読解力・文章力の育成に取り組むこと。

■ 算数及び数学の教科書演習題と参考書・問題集の良問演習に取り組むことで、問題の解析・統合能力を育て磨きをかけると共に、数理的思考力を身に付けること。

 二つを併せることで、応用問題に対処するために欠かせない、筋道だったものの考え方の素養を培いながら、柔軟な頭脳の働きを活性化させる鍛錬、緻密な解析力と大胆な総合力を備えた 『21世紀型能力』 の育成を行います。

 また、塾生との1対1の対話を通じて、塾生の世代を超えた実践的コミュニケーション能力の育成・発展を図り、加えて保護者の方を交えた関係者の緊密な対話により、塾生の成長を図ることに努めます。

※※※ 目前の課題を次のところへ置きます ※※※

  • 小学高学年から中学2年までで、各高校の選抜クラス等、上位に位置する『基礎力』の育成。
  • 中学校3年から高校3年までで、大学・院の勉学および研究能力に必要な『思考力』の研鑽。
  • 全体像を把握し理解する能力に加え、考えをまとめ、伝え、共に活動する『実践力』の鍛錬。

     

     

(2)21世紀を生きる力の育成

■ 21世紀型能力
 大学教育の大改革により、「主体的・対話的で深い学びの充実」を目指す新学習指導要領が実施され始めました。24年度からは大学入試は、全面的に、そのもとで実施されます。指導要領で「生きる力」が掲げられましたが、ややもすれば、等閑視される傾向にあったものを、『21世紀型能力』の主体として必須であることから、改めて明記したということです。

 新学習指導要領では、これまでのように記憶力に大きく頼る学習のみでは、思う成績を修めることができません。私たち、エルムでは、この教育の大転換に先んじて、塾生の基礎力、思考力、実践力の育成・発展を促す指導を行って来ており、これからも一層の充実を図ります。

【「大学入学共通テスト」に新たに加わる問題の想定モデル 】

『この現象には多数の要因があります。資料から読取れる中で重要な要素を3つ選び出し、それら相互の関係を、関数 { □ ♪ ▲ # 〇 } のように導き、この関数が持つ意味を文章(英語?)で説明してください』


 2020年度から「大学入学共通テスト」が導入され、24年度からは新学習指導要領で実施されます。それに伴い、小学校は20年度から新学習指導要領全面実施され、その後、中学は21年度、高校は22年度から、順次実施されます。その教育が目指す姿は、「21世紀型能力」 ⇒ 「生き(延び)る力」の育成。

参考) 国立教育政策研究所、『教育課程の編成に関する基礎的研究 報告書 7
   「資質や能力の包括的育成に向けた教育課程の基準の原理」』、2014年

(3)学習方法

 小学生の場合は、教科書・参考書を題材にし、内容を噛み砕いて塾生の理解を助け、基礎的な国語力・算数力の充実に一層の重みを置き、加えて、塾生の得意分野を伸ばし、苦手分野が出来ないよう指導を行います。

 中学性、高校生の場合は、今、自分はどこに立って居て、どういう意味を持つことを学んでいるか、それを理解出来るよう指導していきます。

 また、塾長が塾生の意欲及び学習達成度、そして塾生を取り巻く環境を把握した上で、塾生、保護者との相談の上、学習方法・内容の設計を行います。各教科の内容については 《学習内容》 のページをご覧ください。

■ 立ち位置の理解
 中学生、高校生については、各3年間を通した学習全体において、さらにまた、私たちを取り巻く「大きな世界」と結びつく社会常識・教養において、今学んでいる内容が、どの様な位置、どの様な流れの中にあるのか、どういう意味を持つのか、適時、塾生と共に確認を行いながら進めます。

 このような進め方により、塾生が多岐に渡る学びの中で、自分の立っている場所を見失うことの無いよう工夫しながら進めます。

■ 実力の把握と評価
 学校の学習成果を確認することを第一義の目的として、多数の生徒が受験する「公開模擬試験」を受験します。加えて、その結果を塾生ともに評価することにより、学外を含めた全体の中での位置と実力を計ると共に、不足している学習内容と進むべき方向の再確認を行います。

■ 入塾時の学習達成度の把握
 入塾前には、ご希望により、生徒の学習成果の確認と弱点を見るための試験、『エルム検定』を行い、結果を後の学習指導に生かします。入塾を前提とせず、お試し学習の一環として、無償で行います。
 また、面談後、直ぐに入塾される場合にも、入塾直後、学習時間中にエルム検定を実施します。もちろん無償です。どちらの場合も、保護者へ報告書を提出します。

 

(4)塾生の対象範囲と人数

 小学生から中学生、高校生、自宅受験生までが対象です。指導人数は一度に1人の個人指導が基本です。複数で共に学びたいという希望があれば、最大4人までの少人数個別指導もお引受けします。

 なお、小学生については、初等教育の基礎と総仕上げ、そして苦手なところの解消、さらには受験を含めた中学校への助走を兼ねて、主に3年生から6年生をお引受けいたします。また、低学年生も、ご希望があれば、お引受けします。

 個々の塾生の事情や希望、保護者の要望に応じて肌理細かく対応します。なお、指導1回毎の塾生受入れ人数についての詳細は、《入塾案内》 をご参照願います。

 

(5)指導教科

■ 教科と教科数
 最大で主要5教科を対象範囲としますが、内容の詳細は 《学習内容》 をご参照願います。基本教科を国語と算数・数学に置き、ご希望により、もう1~2あるいは3教科を加えます。ただし、算数・数学、 国語のうち、どちらか一方、あるいは共に得意教科であれば、基本科目は他の教科が対象となります。
 得意を伸ばしたい場合、あるいは不得意を解消したい場合は、5教科の中から、その1教科を集中的に指導します。
 
 個々の塾生につき、最大は4教科が基本ですが、希望により5教科も可能です、相談に応じます。しかし、3教科以上となれば物理的に1教科あたりの学習時間が制約を受け、塾生の”消化不良”の原因となりかねません。個別に要検討です。何はともあれ、まずは塾生を交えてしっかりと相談をしましょう。

■ 高校生の場合
 高校生は、3年間とは言え、実際には、2年間と少しの短期間で迫りくる大学入試合格が直近の目標となります。そこで、大学進学を目指す塾生においては、既に国語の基礎は確りできているという前提で、入試科目の中で最も多くの学習時間を必要とする数学を優先的に、次いで英語を主な選択肢とし、特に希望がなければ、国語は学習方法と参考書・問題集の助言にと留めます。物理などの他教科も希望により加えます。具体的な内容については 《入塾案内》 をご覧ください。

 なお、学校授業のワンポイント補習のみを行う場合でない限り、大学進学希望塾生の指導は週2回が基本回数となります。時間については、塾生の進路の希望内容などに合わせて拡張の必要性を勘案し、延長も検討します。指導日時は物理的に限られているので、許される時間を勘案しながら、指導教科を相談、検討します。

■ 何でも質問時間
 なお、通常の指導教科以外での「つまずき」を無くすため、指導教科以外の勉学に関する「何でも質問時間」として、 『エルムタイム』 を設けています。

 

(6)1週間あたりの指導回数

■ 週1回の場合
 次のような条件にある場合は、1週間に1回が基本です。

ピンポイントに教科を絞って得意を伸ばす、あるいは不得意解消の場合など。
塾生のクラブ活動、習い事などとの、時間の兼ね合いを考慮する必要がある場合など。

■ 週2回の場合
次のような条件にある場合は、1週間に2回が基本です。

複数の教科の学習成果を上げて、成績全体を一段と伸ばす場合など。
1教科の基礎からの学習指導が欠かせないと判断される場合など。

 いづれの場合も、塾生、保護者との相談によります。詳しくは、 《入塾案内》 を参照願います。

 

(7)家庭との連携、及び進路相談

■ 連絡帳
  塾生には、塾独自の連絡帳である『エルムノート』を持って家庭と塾を行き来してもらいます。エルムノートには当塾から学習内容と習熟度の連絡を記し、保護者の方から、生徒の学業成績、学校での指導内容、クラブ活動等の日常に関わる情報を、差し障りの無い範囲で記入してもらい、当塾との意思疎通を緊密にします。

■ 進路への助言
  受験などの進路検討の際は、あくまで参考ですが、塾生の性格・特質と成績、様々な情報網からのデータ収集、そして塾長のこれまでの経験と知見などを通してみえてくる、適切と思われる助言を致します。
 さらにご要望があれば、東京での会社務め、今治での実業運営から得たを就業経験を生かし、将来、塾生が就きたい職業の参考になる相談にも応じさせていただきます。

 これまで指導してきた生徒の進学先は、【 進学実績一覧表 】をご覧願います。

 

(8)学習方法と内容の組立て方

 塾生の特性と事情に合わせて、学習内容と方法の組立てを行います。多くの場合、塾生、保護者、講師の三者による相談の上で組立てる、「イージーオーダ&ハンドメイド」方式を適用します。 あるいは、希望により、従来の塾と同様に、お任せ方式である「プレタ ポルテ」方式も選択することが出来ます。

■ 「イージーオーダー&ハンドメイド」
 教科書を基礎とし、それに加えて独自の問題集、参考書などを活用して学習指導を行ないます。その際、塾生1人1人の特質や生活環境を加味し、学習目的に合わせて、柔軟に学習メニューを組立てて進めます。塾生に合わせて手作りする、「イージーオーダー&ハンドメイド」です。

■ 「プレタ ポルテ」
 勉強はしたいけれど、どうすればいいか分からないと悩む生徒を持つ保護者の方、あるいは学習習慣がない子どもに、勉強させたい、勉強してほしい、塾に全てを任せたい、と思う保護者がおられる場合、お任せください。「プレタポルテ(高級既製服)」でありながら、懇切丁寧に「着付け」と「着こなし」を組付けていきます。

 どちらの場合においても、当塾入塾以前に「つまづき」があれば、それがどこにあり、どういう理由で躓いているのか、『エルム相談室』では、それを見つけて対処方法を見出します。柔軟性のあるメニューを作成し、塾生の反応を見ながら、一歩ずつ着実に実行して行きます。まず、半年間、お子さんをお預けください。

■ オンラインによる学習指導
 様々な事情で、家庭と塾との往来が難しい状況にある場合は、インターネットを活用して、塾生と講師が双方向に意思疎通を行う事の出来るシステムを設置し、「双方向オンラインの学習指導」を行います。詳しくは 《学習内容》 のページにて「(8)オンラインでの学習指導」の項をご覧ください。インターネットが繋がれば、世界中のどこに居ても学習指導が可能です。オンライン通信に関る塾生の費用負担は、通信機材(貸与も可能)の初期費用とインターネットに関る通信費のみです。